★手紙・はがき・文書・メ-ル文例大事典

気持ちが伝わる手紙・はがきの書き方

封筒の書き方を理解しておこう!

就職活動や、ビズネス、日常生活でも書類などを送付する場合、封筒に入れて送るケースが多いと思います。封筒の表・裏面の書き方、サイズ、種類などをマスターしよう!

封筒の住所、宛名の書き方

すぐに使えるビジネス文書実例集




ビジネス、就職、日常お世話になった方々に手紙を送ったり、お祝いやの用品・ギフト・まごころの品物を発送したりする機会が少なくありません。

その時の、封筒の宛名書きは大切です。送付先の住所、名前が間違っていると、配達してもらえませんし、間違った住所、名前では、受け取った人も良い印象をいだきません。

封筒の表面には、住所、氏名、郵便番号を書きます。住所は、1行又は2行に納めて書きます。書き方は、封筒の右側の上から1字分程度空けて書き出します。受取人の名前、会社名などは、行をかえ、住所より、1、2字分下げて、少し大きめの文字で書きます。

普通の手紙では、封筒は白ですが、茶やデザインのものも市販されていますので、適当な封筒(イムラなど)を選んでください。


★手紙・はがきのマナー&文例集



封筒の様の使い方

◆パパッと出せるビジネス文書・文例テンプレート


封筒の宛名の書き方の内、「様」の書き方ですが、よく間違えるケースをお話します。

ビジネスや就職で手紙、文書を発送するようなケースですが、
「△△株式会社
 人事部 ○○課長様」
という封筒、手紙の書き方は正しいでしょうか?

実は、課長や部長、社長などの職名には、元もと敬称が含まれており、それに様や殿を付けるのは、2重敬語と言われ、誤りです。

中学、高校の先生などに、「○○先生」に対し、「○○先生 殿」と書くのが、おかしいのと同じことです。

上記のサンプル例でしたら、
「人事部 課長 金岡様」と書くのが正解です。
なお、最近は、「殿」と書くよりも、「様」が多く使われています。

履歴書の封筒の書き方

◆パパッと出せるビジネス文書・文例テンプレート


履歴書エントリーシート職務経歴書など就職活動で、資料を郵便郵送する場合の、封筒書き方の基本的も、一般の封筒の書き方と同じです。

履歴書封筒でも、封筒のほぼ中央にやや大きめの字で宛名を書きます。文字は丁寧に、またバランスが取れるよう特に注意してください。

宛名は、右はしの上から1字分くらい空けて書き出します。宛名住所が2行にわたる時は、2行目は1行目より、1、2字分下げて書きます。
ビル名は、住所の一部ですので、住所に続けて書きますが、長くなるようでしたら、改行しても構いません。

社名は封筒のほぼ中央に、住所よりやや大きめの字で書きます。宛名の高さは、住所の高さより1字分ほど下から書きます。「履歴書在中」は氏名左わきに書きます。

なお、履歴書は折らずに送れる封筒サイズを選び、履歴書と一緒に簡単な送り状を添えると、相手の受ける印象が違ってきますよ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。